専門用語を多用する顧問税理士に不満

Posted by

私は創業3年が経過した会社の経営者をしています。会社を設立した当初から、帳簿作成や決算書作成などの会計業務と法人税申告書作成や税務調査対応などの税務関連業務について、同じ顧問税理士に依頼しています。帳簿作成のサポートや決算書作成、税務調査の対応、さらには節税アドバイスなどについては特に大きな不満はありません。決算書作成のスピードは早いため業績が即座に把握できる点は評価できますし、税務対応時には毅然と税務署に対して当社の考え方を説明してくれるので頼りにしています。しかし、1点だけ不満があります。それは、利益分析の説明や節税のアドバイスをしてくれるときに、専門用語を多用することです。私自身は税務に関する知識はほとんどないので、勉強不足だといわれればそれまでなのですが、もう少し平易な単語を使ってわかりやすく説明してくれないかと感じることが多々あります。顧問契約をした初年度については、私自身も経営者としてやるべきことが山ほどあり、会計や税務については専門家である先生にまかせっきりだったため、じっくりと説明を受ける機会はほとんどなく、専門用語の多用についてそれほど気になることありませんでした。しかし、設立後3年経って、決算書の詳しい説明を聞いたり節税アドバイスを求めたりする機会が増えてきたため、説明がわかりにくいという不満を感じるようになりました。特に、深く突っ込んだ質問をすると、専門用語ばかりで応じてくる傾向があり、一通り説明を聞いたあとで質問をする気持ちが萎えてしまうことも増えました。税理士は税の専門家であり、高度な専門知識を持っている点については尊敬しています。しかし、税理士も顧客あっての商売ではないか、顧客が理解しているかどうか様子を見ながら話しをする姿勢があっても良いのではないかと感じてしまいます。偉そうな態度だったり高圧的だったりすることはなく悪い人ではないため、顧問契約を解消するまでは考えていませんが、もっとわかりやすい説明をしてほしいという不満は解消したいと考えています。