税理士に丸投げすると損していることも!?

Posted by

私が考える税理士を利用することのデメリットとは、税務関係を任せっきりにしてしまうことで、自分が理解しなくても決算などが終わってしまう可能性があることです。決算書類などの作成を依頼すること自体は、複雑な税務処理を代理で行ってくれるという点で非常に助かります。しかし、依頼することでスムーズに書類作成が終わってしまうため、自分が税金に関する各種の制度を覚える機会が減ってしまうのです。「税理士がいるから大丈夫!」と思っている人も多いかと思いますが、税金のプロであるといえども人間なので間違いはあります。また、すべての職種を網羅しているわけではなく、職種によっては得意・不得意がある場合があるので、任せっきりにしておくのは良くないと思います。クライアントである私が知っているのに、税理士が知らない制度があったりもします。節税したいときには任せっきりにするのではなく、自分でしっかりとした知識を付けておくことが大事だと思いました。決算書類を代理で作成してくれて、基本的には節税に繋がるアドバイスをくれる存在ですが、それはあくまでアドバイス的なものとして捉えるようにして、常に自分でも情報収集をするようにしておいたほうが無難だと思います。また、なかには「ただ決算書類を作ればいい」と思っている人もいる気がします。例えば、「節税に繋がる効果的な方法を具体的に書類にして教えて欲しい」と依頼をしたのに、「今私が考えていますので…」と言ってとりあえずあやふやにし、いざ決算時期が来ると何の書類も示さず、作成済みの決算報告書だけを持ってきて、「これが一番節税に繋がる方法でした」と言ってくることがありました。中身を見てみると「なんと昨年と全く一緒」で驚きました。私の場合は、それほど大きな規模の会社ではないので、決算報告書だけであれば自分で作成することも不可能ではありません。そのため、先代から依頼しているのは「節税に繋がるテクニックを教えてくれるから」だと思っていましたが、その人はもう「自分の仕事は決算書類を作るだけ」と決めつけているかのような対応をされたので、不十分だと感じました。